iphoneバッテリー交換は年末まで激安!でもやっぱり予約が取れません

iphone修理の予約が取れない

iphoneバッテリー交換の予約が取れません・・・。
たぶんapple製品の修理を急いでいる人も困っていますよね。
年末の駆け込み、新製品の発売直後など色々重なっているようですが。

スポンサーリンク

appleサポートアプリ、使い方の基本に気付かず・・・

appleサポートアプリで予約をしたほうが良いとはわかったものの、どうにも予約が取れません。
どこの店舗も、いつ見ても空きがない。

いくら混雑期だって、ちょっとヘンだぞ・・・。

ある日気付いた私の重大なミス!
そもそも「appleサポートアプリ」の使い方がわかっていなかったというアホさ。

先頭の日付が選択されている

先頭の日付が選択されている

他の日付を見るには自分でタップするという当たり前のことがわかっていなかった!

日付は自分で選んでタップするのだ!

日付は自分で選んでタップするのだ!

先頭の日付がなぜ青丸なのか?
この日が選択されてる、ってことですよね。

それに気付かず、空きがあればその日付の下に予約可能な時間が出ているもんだと思い込んでいたのです。

「選択された日付には予約可能な時間帯がありません」

ってメッセージが出ているのに。

選択された日付には なんですよね。

予約日は1週間先まで開放されているけど1画面で見える日付は6日分。
その先は自分で日付をスライドして見るのはわかっていたのに。

毎回見るたびに予約できる日がない! 駆け込みでそうとう混んでるんだな、としか思わなかった・・・。

アホすぎる・・・。
あまりの自分のアホさにのけぞりました。

一番新しい日付を先頭にしてくれてたら気付いたのかも。

でもこれがガラガラに空いている時期なら直近の日付から並んでいたほうが良いのでしょうしね。
私がバカすぎですよね(泣)。

スポンサーリンク

予約可能日の開放は店舗によって違うんだって。

それにしてもぜんっぜん予約が取れない!

だいたい、日付が更新される(予約可能日が開放される)タイミングっていつなんだろう?
深夜0時に新しい日が開放されるのかと思ったらそうでもないし。

ってんで、appleサポートに電話してみました。

予約可能日が開放されるタイミングは店舗によって違うそうです。

スタッフが出勤してその店舗が開店する時、あるいは開店した後に開放されることが多いとか。
その開放の仕方も、新しい日を丸ごと開放する、時間帯ごとに開放するなど店舗によって色々だそうです。

表参道のapple直営のショップは0時ではないけれど夜明け前に日付が更新されているのですよ、どうなっているんでしょ?
夜中にスタッフが出勤するのでしょうか?

私の行きたい店舗はカメラのキタムラなんですが、Appleサポートのお姉さんは電話の向こうでも予約状況を見てくれて、そうですね、空いてないですねぇ、と。

あちらで見ているのはAppleサポートアプリとは違うシステムだということですが、空きがあれば予約を入れてくれるのだそうです。
でもいくらappleサポートのスタッフの裏技があったとしても、そもそも予約が埋まっていたらどうにもなりませんよね。

そこでカメラのキタムラにも電話でお聞きしました。

そのお店は時間帯ごとに開放するようです。
例えばお昼頃には1週間先のお昼ごろまでの時間帯が開放されている、という具合に。

はぁ・・・。

こうなったらこまめに頻繁にチェックするしかないですね。
そうは言っても平日はダメだし行けない週末もあるし。
もう年内は(AppleCare+に加入していないから3,200円はものすごくウレシイ)ムリかもしれないなぁ。

現在、私のiphoneのバッテリーの「最大容量」は84%です。
実際、そろそろ替え時です。

バッテリーの状態は iphoneの「設定」-「バッテリー」-「バッテリーの状態」で見ることが出来ます。

もっと早くにしておけばよかった。
貧乏人のくせに許しがたい重大なミスです。

猛省。

つい後回し・・・を、すぐやる!ようにしないとダメだよ、私!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする